信号無視した自転車を跳ねて、自動車保険適用

もう、10年近くになりますが、休日の朝に使用でマイカーを運転していた時のことです。

注意しながら交叉点を過ぎようとしたのですが、赤信号にも関わらず横断してきた自転車がありました。ブレーキペダルを思わず踏んだのですが、待ち合わず自転車を跳ねたのです。

車を停めて、すぐに跳ねた人を確認したのですが、幸いにも怪我はなかったのです。

救急車を予呼ぼうとしましたが、本人も怪我が無く呼ぶまでではありませんでした。そして警察に連絡。

すぐに駆けつけて、現場確認をしてもらいました。 

警察が車での間にお互いの連絡先や氏名を交換すると同時に、自動車保険に加入している損保会社に連絡をしたのです。

連絡窓口の方は、ていねいに事故状況を確認してくれました。

初めての事故でしたので、かなり焦っていた私ですが、怪我人がなかったことで

「慌てず落ち着いて、詳しく教えて下さい。」という言葉で冷静さを取り戻すことができました。

警察の現場確認が終わり、保険会社とのやり取りも終わり、最後には

「確認すべきことは終わりましたので、後はこちらで全て対処致します。」

ということでした。

信号をした先方の責任になるものの、治療費や後遺症が心配でしたが、後の対応は全て損保会社が行ってくれたので助かりました。