Posted on

一戸建て全室にテレビ配線は老後のためにも

一戸建て住宅を建てる際には、テレビの配線にも気を配った方がいいと思います。なんだったら、テレビの配線にしても、全室につけておいていいと思いますもん。「子供部屋にテレビの配線をつけておいたら、いずれ子供が密かにテレビをつなげてずっとテレビを見ているようになるのではないか」と、心配する人たちもいることでしょう。しかし、ここで提案しているのはあくまで「テレビの配線をつけておく」ということなのです。なにもテレビを設置しておいた方がいいと言っているわけではないのです。

それに、子供部屋はあくまで子供部屋でしょう。今は子供部屋として使用しているとしても、子供はいずれ成人して家を出ていく可能性が高いわけです。そうなりますと、そこはもう子供の部屋ではなくて、自分たちの趣味部屋になったりするわけです。実際にわが家が今、そんな感じなのですし。

そして私はテレビをつなげて、思いっきり趣味に浸っています。推しのフィギュアスケーターの演技はリビングではなく、一人でひっそりと観たいからです。子供が巣立ってからの子供部屋の寂しさを感じるママもいますけれど、私はむしろ逆なんです。確かに寂しさは感じていますが、ぽっかり開いた穴が思わぬ楽しみによりガッツリ埋まっているわけです。そういうわけで、テレビ配線実はとても大事です。コンセント同様、多めにしておいていいものだと思っています。